台グスクの蝶類9/沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)

沖縄自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベントなどを行っています

台グスクの蝶類9

中城公園


27.イシガケチョウ 翅を開いて止まるかわったチョウ。4~8月まで、数は多く記録されている。幼虫の食べる食草ハマイヌビワ、ケイヌビワ、ガジュマルが豊富にあるので、発生は多いと思う。タテハチョウの仲間では最も数が多かった。


28.リュウキュウミスジ 茶褐色地色に3本の白斑紋の帯が入ったチョウ。4~8月まで、数は多く記録されている。数が多いのは食草のタイワンクズが多いからでしょう。


29.ルリタテハ 翅裏が茶褐色で地味だが、翅表は青光りする美しいチョウ。4-8月まで、数は少ないが見ることができた。食草のサツマサンキライが豊富に自生しているので、発生を繰り返していると思う。

沖縄県の県営公園のご案内 自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベント案内などを行っています
2018 - 2020 © 沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)
ML Design