台グスクの蝶類2/沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)

沖縄自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベントなどを行っています

台グスクの蝶類2

中城公園


ナガサキアゲハ雄

ナガサキアゲハ雌

ナミアゲハ

アオスジアゲハ
ナガサキアゲハ  雌雄で翅の地色が大きく違います。雄は真っ黒、雌は白斑が発達し、飛んでいるときはオオゴマダラのようです。4~7月まで目撃でき、数も多いです。食草のシークワーサー(ヒラミレモン)が自生し、近くの民家の庭で食草のミカン類を植えているからでしょう。

ナミアゲハ  本土度はアゲハを代表するのですが、沖縄では数少ないアゲハです。黄色の地色に黒い条が入ります。6と7月に1頭づつ目撃しました。

アオスジアゲハ 4~7月まで目撃でき、数も多いです。青色の地色は飛んでいる時も、よく目立ちます。数が多いのは、幼虫の食べる食草のタブノキ、ヤブニッケイが豊富に自生しているからでしょう。

沖縄県の県営公園のご案内 自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベント案内などを行っています
2018 - 2020 © 沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)
ML Design