台グスクの樹木たち44. クスノハカエデ/沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)

沖縄自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベントなどを行っています

台グスクの樹木たち44. クスノハカエデ

中城公園


クスノハカエデ
方言名:マミク(漢那・喜幸・首里)、サフンギ(久米)、マムフ(饒波)
ムクロジ科 喜界島~沖縄諸島

低地の石灰岩地に生育しています。日本にあるカエデ類で、唯一常緑です。高木で葉は洋紙質で硬く、かさつきます。カエデの実と同じように種子には1対の翼がついていて、落下するときにはくるくると舞います。屋敷の防風林、公園の緑陰、庭園に植えられます。また、盆栽にすると葉が小さくなり、人気があります。材が固いので、削ってコマにも使っていました。
 最近、斑入りが見つかり、愛好者が栽培しています。

沖縄県の県営公園のご案内 自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベント案内などを行っています
2018 - 2020 © 沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)
ML Design