台グスクの樹木たち43. ショウベンノキ/沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)

沖縄自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベントなどを行っています

台グスクの樹木たち43. ショウベンノキ

中城公園


 
ショウベンノキ
方言名:ヤマクネンブ、ウチザラ、ジープタ
ミツバウツギ科 四国南部、九州南部~先島諸島
 
低地から山地にかけて生育し、特に石灰岩地帯に多い。常緑の中高木、葉は通常3個の小葉です。花は3~5月に咲き白で小さく、芳香があります。花には多くのチョウや昆虫たちが訪れます。果実は9~11月に朱紅色に熟します。名前の由来は春先に枝を切ると臭気の樹液があふれ出てくることからつけられました。観葉植物、葉を緑肥に使います。

沖縄県の県営公園のご案内 自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベント案内などを行っています
2018 - 2020 © 沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)
ML Design