台グスクの樹木たち39.ギンネム/沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)

沖縄自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベントなどを行っています

台グスクの樹木たち39.ギンネム

中城公園


 
ギンネム(ギンゴウカン)
方言名:ニィニブギー(宮古)、ギンネム(全域)、ナイクチョー(浦添)
英名 white popinac
マメ科 各島
 熱帯アメリカ原産の樹木、熱帯・亜熱帯で広く栽培、もしくは野生化しています。成長が早いので、緑化や土壌流失防止に利用されています。細長い幹は野菜棚の支柱、枯れたら薪、葉は畑にすきこみ緑肥に使っていました。
 蕾は竹鉄砲の玉、莢は開いて種をとりカスタネット、熟した種は炊いて柔らかくし、糸を通してネックレスを作り、幹はマテイボー(棒で小さな棒を飛ばす遊び)を作り子供たちの季節の遊びに使われていました。

沖縄県の県営公園のご案内 自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベント案内などを行っています
2018 - 2020 © 沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)
ML Design