台グスクの樹木たち36. フトモモ/沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)

沖縄自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベントなどを行っています

台グスクの樹木たち36. フトモモ

中城公園


 
フトモモ
方言名:フートー(沖縄)、フットー(石垣)、フードーキ(西表)
英名 Rose Apple,Jambos
フトモモ科 南西諸島、小笠原に野生化、東南アジア~インド原産

 高さ10m前後に成長する常緑の樹木。少し前まではどの家のあたいがわー(庭の畑)の傍らに植えられていたが、最近みかけなくなった。種からよく発芽するのか、野生化していて、国頭村の深い山中の渓谷ぞいに見ることがある。また、西表や石垣ではマングローブの後方に群生も見られる。
 観賞用、街路樹、防風用に植えられる。熟した果実は香りがよく甘くて美味しい。ただし、果汁は少ないので、他の熱帯果実に比べて少し物足りない感じはする。

沖縄県の県営公園のご案内 自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベント案内などを行っています
2018 - 2020 © 沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)
ML Design