台グスクの樹木たち34. リュウキュウガキ/沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)

沖縄自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベントなどを行っています

台グスクの樹木たち34. リュウキュウガキ

中城公園


 
リュウキュウガキ
方言名:クーキ(漢那)、ウーシブ(与那)
カキノキ科 奄美諸島、沖縄群島、先島群島、魚釣
常緑の小高木で高さ4~10m。石灰岩地帯の林内、御嶽林に良く生えています。開花は7月、10-11月に熟します。有毒なので魚毒(ササ)として使われていました。
心材はコクタンの代用で指物細工用。潮風に強いので、護岸防風用樹木として植えられています。

沖縄県の県営公園のご案内 自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベント案内などを行っています
2018 - 2020 © 沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)
ML Design