台グスクの樹木たち26. オオバギ/沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)

沖縄自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベントなどを行っています

台グスクの樹木たち26. オオバギ

中城公園


 
オオバギ
方言名:チビカタマヤーガサ、マイクーバー、マイクンジヤ、クンチューユーナ、ウコバーギ
トウダイグサ科 沖縄各島、台湾、南中国、マレーシア等に分布
 裸地にすると、いち早く生えてくる植物達があります。オオバギはその一つで、樹木の中では最も早いです。大きな葉を持っているので、遠くからでもよく目立ちます。
常緑の広葉樹で雌雄異株、高さ4~10mに達します。葉は大型で卵の形をしています。樹形は傘型で、大きくなるとかなりの日陰を作るので公園や学校の校庭、街路などにも植えられていました。
 チビカタマヤーガサ、マイクーバー、マイクンジヤは尻の穴をふさぐと言う意味で、葉の粘液がお尻についてふさぐことに由来するとのことです。クンチューユーナはオオハマボウに似ている、ウコバーギは葉が大きいという意味です。ヒージャー(ヤギ)の大好きな植物の一つです。

沖縄県の県営公園のご案内 自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベント案内などを行っています
2018 - 2020 © 沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)
ML Design