台グスクの樹木たち24. ソテツ/沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)

沖縄自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベントなどを行っています

台グスクの樹木たち24. ソテツ

中城公園


 
ソテツ
方言名:スティチ(辺戸、饒波) スーティーチャー(沖縄) シウズ(宮古) スティズ(石垣)
ソテツ科 各島に分布
琉球列島原産です。高さ2~5mに達する常緑の椰子状植物です。幹は太い円筒状で、葉は大きい羽状複葉で頂に数十枚つけます。花は幹頂きからでて雄花が円錐状、雌花序は半球形。果実は卵形で熟すれば赤色になります。
幹や種にデンプンを含むので、飢饉を救う植物と言われてきました。全体に毒のフォルムアルデヒドを含むので、食料にする際には十分に取り除きます。
葉は野菜苗の陽よけ、子供の遊びに使う虫かごを作ります。種は、胚乳を取り出し笛にします。

県指定天然記念物 宇根(うね)の大ソテツ 久米島町(旧仲里村)字宇根 1959.12.16

沖縄県の県営公園のご案内 自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベント案内などを行っています
2018 - 2020 © 沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)
ML Design