台グスクの樹木たち14. オオバイヌビワ/沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)

沖縄自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベントなどを行っています

台グスクの樹木たち14. オオバイヌビワ

中城公園


 
オオバイヌビワ
方言名:ウフバー、カブリキ、カブルキ
クワ科 沖縄、台湾、東南アジアに分布
 沿岸から低山地の林縁、畑の周辺、公園の縁、道路沿い法面等に生える常緑の高木。夏につく果実はオオコウモリの食糧の一つ。利用はヤギのえさぐらい、たまに観葉植物として鉢植えにされていることがあります。
方言のカブリキ、カブルキは「被る木」の意味で、祭事に神女が枝・葉を頭に被ることからつけられました。

沖縄県の県営公園のご案内 自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベント案内などを行っています
2018 - 2020 © 沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)
ML Design