台グスクの樹木たち8. リュウキュウチク/沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)

沖縄自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベントなどを行っています

台グスクの樹木たち8. リュウキュウチク

中城公園

リュウキュウチク
方言名:ヤマダヒ(安田、安波) ヤンバルダキ(沖縄) ウムトゥダキ(石垣) チアダキ(与那国)
イネ科 各島に分布、琉球列島固有
竹は高さ2~10mに成長します。節はふくれる時があり、地下茎で増えて群生します。沖縄島の中・南部では少ないのですが、北部では大群落がよく見られます。
少し前までは、重要な林産物でした。家の囲い、屋根の材料、野菜の支柱、タケノコは食用
でした。今でも離島では食べているそうです。
 集落所有の竹林があり、良質な竹がたくさん生えるように管理し、刈り取りから出荷まで共同作業が行われました。利益は集落のいろいろな事業に使われました。

沖縄県の県営公園のご案内 自然散策・史跡めぐり・遊具遊び・トランポリン・イベント案内などを行っています
2018 - 2020 © 沖縄県営公園(中城公園・バンナ公園)
ML Design